Home / いびき

いびき

長文なのですが、もし「メタボリック」で「いぴき」のうるさい人はぜひ、読んでみてください。

私、入院中「集中治療室」で意識が回復してから何度となく看護婦さんから「息してない」って起こされたことあります。 そうなんです、もう10数年間「睡眠時無呼吸症候群」だったのです。 だから「集中治療室」から普通の「病室」に変わるとき、看護婦さんから「個室ですね(^^)」って言われたのです。(いびきがうるさすぎたからですね)

今回、「脳内出血」「高血圧」の一つの要因として「睡眠時無呼吸症候群」も関係しているそうです。退院時に内科の先生から「必ず治療しなさい」と言われました。 治療とは「CPAP(経鼻式持続陽圧呼吸装置)」といわれるものを使用するのですが、簡単に説明しますと、睡眠時に顔全体に空気呼吸みたいなマスクをつけて枕元にある装置でマスクに空気を送り、無呼吸にならないようにするものです。

以前からテレビなどて聞いたことはあったのですが、寝るときにマスクかぶって寝るなんて「いやだなー」と思っていました。 でも「脳内出血」の一要因であれば、「いびき対策」 なんとかしないといけません。

そこで、「いびき」「睡眠時無呼吸症候群」について調べてみました。すると・・・

インターネットで面白いホームページを見つけました。タイトルは「歯医者さんで治す!いびき・無呼吸ネット(http://www.ibiki-mukokyu.net/index.shtml)

」だったのです。 説明が漫画で書いてあり、むちゃくちゃわかりやすかったです。(^^)  ホームページの中で、「仕事中に突然強烈な睡魔が襲ってくる」とか「夜中に何回もトイレにいく」とか「寝ているのに寝た気がしない」も「睡眠時無呼吸症候群」に関係していることがわかりました。いびきって本当に怖いのです。(詳しくは上記HPで)

また、治療では、「CPAP(経鼻式持続陽圧呼吸装置)」のほかに「スリープスプリメント」という「マウスピース」みたいなもので「睡眠時無呼吸症候群」(いびき)を緩和するような話がありました。

※HPでは、『睡眠呼吸障害といっても、軽症ないびきだけをかいているものから、命にかかわるような重症の患者さんもいます。閉塞型睡眠時無呼吸症候群の疑いがある方は、呼吸器内科、精神科、耳鼻咽喉科の先生に睡眠検査を依頼して、よく担当医と相談なさってからスリープスプリント療法を進めてください。』 と書いてありました。 十分注意してください。

・・・ということで、私は、とりあえず簡単にいびき」が直ったらいいなと「すごくイージー」な考えで、「スリープスプリメント」に挑戦?してみました。 歯科に行き、「脳内出血」で入院していた旨や、看護婦さんから「息してない」「いびきうるさい」など言われた説明をして、先生と話し合い、「スリープスプリント」を作ってもらうことにしました。 私の場合は「仮使用しては微調整」を何回か繰り返し(作り直しもしてもらいました)、私の「スリープスプリント」ができあがりました。


スリープスプリメント1

スリープスプリメント2

スリープスプリメント3
?
寝る前に「スリープスプリント」をつけて寝るだけです。 仕事中に眠たくなることもなくなり、目覚めもよくなりました。 いびきも軽減されている様子です。とりあえず、私には「スリープスプリント」は合ってました。 但し。「スリープスプリント」は口に入るものですので、朝必ず洗わないといけません。 じゃまくさいですが、目覚めがよくなったので・・・許します。(^^;)

最後に、スリープスプリントはいびきを軽減させれためのものです。

メタボリックが解消されると、いびきも直ってくるそうです。 スリムにならなきゃ。

「くさい臭いは元からたたなきゃダメ!」ってコマーシャルがありましたね。「メタボリック」を断つ! ですね。

-こんな症状はありませんか————————————-

家族から「いびき」がうるさく、心配されていませんか。

仕事中に、一瞬寝ていませんか。

「スリープスプリント」つけてから思ったのですが、朝起きたら口の中が「からから」に渇いてしませんか。「スリープスプリント」をつけると「口の渇き」が治まりました。 「いびき」と関係ありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です