Home / 3.糖尿病関連 / 糖尿病患者の喫煙はリスクをより高める

糖尿病患者の喫煙はリスクをより高める

[記事抜粋]
喫煙は誰にとっても有害だが、すでに心血管疾患などの合併症リスクがある糖尿病患者には、特に危険である。

喫煙している糖尿病患者は、喫煙期間の長さに関係なく、禁煙することで健康状態が改善する。

糖尿病患者の喫煙に伴う危険性

  1. 喫煙は、組織内の酸素量を減少させ、心臓発作や脳梗塞を引き起こす。
  2. コレステロールや血圧を上昇させ、心臓発作リスクを高める。
  3. 血管を収縮、損傷させ、足の潰瘍を悪化させる。
  4. 神経や腎臓の損傷リスクを上昇させる。
  5. 風邪などの呼吸器疾患リスクを上昇させる。
  6. 血糖値を上昇させる。
  7. 喫煙者では非喫煙者に比べ、心血管疾患による死亡リスクが3倍高い。
???? ??? ??? ??? ??? ??? ??? ??? ???

「タバコ」が身体に悪いのは周知の事実ですが、「糖尿病」の患者の方はもっと危険なのですね。

タバコを吸うと血管が縮小して血圧が上がるので、高血圧の方もやばいですね。

「高血圧」のことを「サイレントキラー」とよばれてます。自覚症状がなく、症状が出たら手遅れなんです。

「タバコ」も「サイレントキラー」なんですね。  何かあってからでは遅いですから。

タバコを止めるだけで「健康」が「マイナス」から「プラス」になります。

最近は「電子タバコ」など、文明的な禁煙グッズも販売されてます。 方法はどうあれ、再度、禁煙にチャレンジしてみてはいかがですか。 禁煙もメタボリック対策ですね。 

タイトル : 糖尿病患者の喫煙はリスクをより高める

ニュース元 : 健康美容EXPOニュース
http://www.e-expo.net/world/2009/02/post_157.html

About markn

Check Also

御堂筋夜

寝る時間をもう少し多くしたいのですが。 ヘルシアコーヒー4本目

夜の御堂筋です。今日は用事があ ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です