Home / 5.食品ダイエット対策 / 県立広島大とポッカなど、レモン摂取とメタボリックシンドロームの予防に関する可能性を示唆

県立広島大とポッカなど、レモン摂取とメタボリックシンドロームの予防に関する可能性を示唆

[記事抜粋]
レモン産地の女性を対象とした調査において、レモンの摂取量が多いほど、(1)血圧を低下させ、(2)血管の硬さを示す指標となるPWV(脈波伝播速度/注釈1)で評価した動脈硬化度が低く、(3)肥満に関連したホルモンであるレプチン(注釈2)の血中濃度が低いことを初めて明らかにしました。これら3つの要素は、いずれもメタボリックシンドローム予防に有効で、レモンの摂取を取り入れた食生活が、メタボリックシンドロームを予防する可能性が示唆されました。
??? ??? ??? ??? ??? ??? ??? ??? ???

お久しぶりです。 サボっていたわけではありませんが(^^;)・・・

レモンがメタボリックシンドロームに良いそうです。それになんと言っても「血圧」が低下させる働きがあるそうです。

私も血圧を下げるのに苦労しました。 メタボリックのほとんどの人は「血圧が高い」ですね。

なかなかレモンを食べる機会が少ないですが、健康のためにレモン食べてはいかがですか。 レモンを沢山食べても身体が悪くなるとは思いません。 良いものは取りましょうね。

記事を書いていて思うのですが、野菜や果物など自然なものをそのまま食べるとメタボリックには良いような気がします。

メタボリック対策のキーワードは「素朴」なんだと思います。? 加工品は控えめにしたほうがいいですね。

?

タイトル : 県立広島大とポッカなど、レモン摂取とメタボリックシンドロームの予防に関する可能性を示唆

ニュース元 : 日経プレスリリース

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=221257&lindID=4

About markn

Check Also

めたぼ改造計画

メタボ改造計画 ヘルシアコーヒー1本目

6月30日(日) 体重は80. ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です