Home / 7.健康ダイエット対策 / 寝ているだけでダイエット

寝ているだけでダイエット

[記事抜粋]

人間は休息のためだけに眠るわけではありません。睡眠には大切な役割があるんです。寝ている身体の中では、成長ホルモンが古くなった細胞を新しくしたり、コルチゾールというホルモンが蓄積した栄養素をエネルギーに変えたりしています。

夜中の2時、3時にコルチゾールが分泌され、身体に蓄積された脂肪を燃やしたり、グリコーゲンを分解してブドウ糖を作ります。体内の栄養素で朝まで生きるので、寝ているだけでダイエットになります。逆に、夜遅く食事をすると、燃やす予定のエネルギーが脂肪に変わって、身体に蓄積されてしまう。

?夜食は厳禁ですね? もともと人間は夜の絶食に備えるため、その場で使うより少し多めにエネルギーを摂取しています。コルチゾールはそのためのホルモンです。もう一つ、メラトニンというホルモンが夜9時ごろに分泌されはじめます。夜間はそのまま分泌され続けて、朝になると低くなる。日本では未認可ですが、メラトニンは米国ではホルモン剤として販売されている。体内で分泌されても、薬として摂取しても眠くなります。




久しぶりにヒット情報ではないでしょうか。 「寝るだけで痩せる」これほど楽なダイエットはありません。

しかし、やはりただ寝るだけではいけません。 睡眠時間を十分に取る。痩せる時間が必要なわけですね。(勝手な解釈です。)

それと、「夜食」・・・これ食べちゃうと身体のサイクルが狂うわけですね。 寝る前三時間は食べない!と聞いたことがあります。 (深夜に食べて太るのは、私が実証してます。(^^;) )

普通が一番ですね。 規則正しく寝てメタボリック対策しましょう。

?

タイトル : 快眠のツボ:「寝ているだけでダイエット」 調布睡眠クリニック・遠藤院長に聞く(その1)

ニュース元 : 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/life/health/news/20081111org00m100003000c.html

About markn

Check Also

やっぱり呼吸法はかかせませんね。 ヘルシアコーヒー3本目

今、「5分で股関節を柔らかくす ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です