Home / 1.高血圧関連 / どうすれば高血圧は予防できるか

どうすれば高血圧は予防できるか

本日ですが、朝日放送(関西)の「おはよう朝日です。の番組で「どうすれば高血圧は予防できるか」の話がありました。

『高血圧は3人に1人、70歳以上で2人に1人で、約9割の高血圧の患者さんは原因がわかっていない。しかも、自覚症状が無いので「静かなる殺人者(サイレントキラー)」って呼ばれているそうです。』

血圧は自分で計れる。自分の血圧を知ることが出来るので異常に気づきやすい」 気づいた時点から生活習慣を管理して家庭で予防や改善ができるといわれています。

高血圧」になると「脳出血」「脳閉塞」「心肥大」「心不全」「心筋梗塞」「腎硬化症」「腎不全」になりやすいそうです。

では、血圧を測ればいいのですが、「朝は起きてすぐではなく、ひと動きした後の朝食前」と「寝る前(入浴後、飲酒後をさける)」が自分の正確な「血圧」が計れるそうです。 一日二回記録すれば、血圧の状態がわかるそうです。(計り方間違ってました。(^^;) 

では「血圧」コントロールするにはどうしたら良いかと言うと一番は「食事」だそうです。とくに「塩分」のとりすぎに注意しなければなりません。 一日だと一般で10グラム、高血圧の人は6グラム以下だそうです。 

食事で言うと、塩分は「醤油小さじで1グラム」「ちくわ一本2グラム」「きつねうどん5.2グラム」「ラーメン6.3グラム」になるそうです。 私、ラーメン食べれません(^^;)

食べ物以外に気をつけないといけいなのは「肥満」だそうです。次に「睡眠」で寝ているときは、副交感神経が働き、血管を広げ、血圧をさげるのだそうです。 しっかり睡眠をとることが良いそうですね。(いびきのコラムも見てね。

「高血圧は自分でチェックできるので、食事や運動である程度予防ができる!」

メタボリック予備軍の方は、いち早く対策して普通に戻ってください。 私は、一軍なので、これ以上がんばらないと・・・

About markn

Check Also

ketsuatu

血圧が下がった原因について。

このブログは2008年6月に脳 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です