Home / 1.高血圧関連 / 睡眠不足で高まる心臓病リスク

睡眠不足で高まる心臓病リスク

[記事抜粋]

高血圧と診断された1255人について、昼間と夜間の血圧、睡眠時間、心血管疾患の発症頻度を平均50か月間観察。この間、99例の心血管疾患が発生した。このうち1日あたりの睡眠時間が7.5時間未満の被験者における発症頻度は、観察人年2.4%だったのに対し、7.5時間以上の睡眠をとった被験者では同1.8%と、リスクが低下した。

これまでの研究で、睡眠不足は、肥満や糖尿病のほか、心血管疾患の危険因子となる夜間の高血圧、睡眠時無呼吸症などを誘発する傾向があることがわかっている。(c)AFP




睡眠の話時が昨日、今日と続きますが、やはり睡眠時間とメタボリックは密接な関係にあるのですね。

特に忙しい方は睡眠時間をたっぷり取ってないと思います。帰宅が遅く、出社が早いパターンですね。 実際仕事が絡むとわがまま言えません。 「わかっているけど無理」 なんでしょうね。

しかし、病気になったら「仕事」もできません。 仕事ができないどころか迷惑もかかります。 とくに血圧の高い人は十分な睡眠時間をとったほうがいいですね。 血圧は高くとも身体に異常はなかなか出てきません。 「イエローカード」はないのです。 いきなり「レッドカード」がきます。 「レッドカード」をもらわない為にも、定期健診で異常があれば、病院にいきましょう。 (しかし、忙しい人は病院に行く時間もないのですね・・・)

睡眠時間の目標 7.5時間 ですね。 

?
タイトル : 睡眠不足で高まる心臓病リスク、 自治医大

ニュース元 : 自治医大 国際ニュース : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2537079/3513497

About markn

Check Also

寒くなってきましたね。11月からインドアで減量です。

もうすぐ11月ですね。 秋は短 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です