Home / 4.いびき関連 / いびき軽視せず検査を

いびき軽視せず検査を

[記事抜粋]

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は睡眠中に何度も呼吸が止まった状態が繰り返される病気で、いびきや起床時の頭痛、日中の眠気やけん怠感などの症状があります。重くなると、高血圧や脳卒中などの循環器障害や糖尿病などの合併症を引き起こしかねません。国内の患者は200万人とも言われます。肥満の方がなりやすいですが、あごが小さかったり、のどの奥が狭くなっている場合は肥満でなくても安心できません

治療法としては、一定の圧力を加えた空気を鼻から送り込み、気道を確保する「経鼻的持続陽圧呼吸療法装置」がほとんどの患者さんに有効です。10年前から健康保険が適用されて負担が減り、小型化も進んでいます。下あごを固定するマウスピースによる治療もあります。軽度の場合は、睡眠中の体位の工夫や減量、禁煙・飲酒といった生活習慣の改善で、睡眠時の無呼吸が減ったり無くなってしまうこともあります。
?




やっぱり「いびき」は危険なんですね。 私は、「脳内出血」の「糖尿病」なので記事の内容は正しいです。 メタボリックの人は要注意です。 「いびき」がうるさいって言われませんか

私は、社員旅行でいやがられました。 目が覚めたら同室の同期が隣の部屋に非難してました。(^^;) 最悪!

このニュースの最後に、「この病気の怖いところは、働き盛りのお父さんが突然、死に直面すること。症状悪化による死だけでなく、ふいに眠りに落ち、交通・転落事故で命を失うかもしれない。」 ほんとそうなんです。 一瞬寝てしまうのです。 お母さん、奥さん見てますか。家族の方は大丈夫ですか。 早期発見、早期治療です。

※脳内出血は厳しいです!

私の場合は、「スリープスプリメント」(詳しくはいびきのコラム参照) でいびきの緩和に成功?しました。 しかし、体質は変わってませんので、今「メタボリック対策」で体重を落としてます。 なにせ死の四重奏の称号をもらってますから・・・

※友人のご主人もスリープスプリメントにして、体調がよくなったと報告がありました。 よかったね。

私のいびき治療体験 はここから進んでください。




タイトル : ご近所のお医者さん:/46 睡眠時無呼吸症候群の治療に力=木下成三院長 /徳島

ニュース元 : 毎日jp(毎日新聞)

http://mainichi.jp/area/tokushima/news/20080930ddlk36070714000c.html

About markn

Check Also

寒くなってきましたね。11月からインドアで減量です。

もうすぐ11月ですね。 秋は短 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です