Home / 1.高血圧関連 / 日常生活で内臓脂肪を燃やすコツ

日常生活で内臓脂肪を燃やすコツ

[記事抜粋]

メタボリック症候群の最大の原因といわれているのが内臓脂肪。内臓脂肪が増えると、「アディポサイトサイン」という悪玉のホルモン物質が過剰に分泌され、脂質異常症や高血圧、糖尿病を引き起こしやすくなるそうです。

このため、メタボリック対策において、内臓脂肪を減らすことが重要なポイントになってくるのです。

 そんな、やっかいな内臓脂肪は、体内に蓄積されやすい一方で、体をよく動かせば、すぐに反応して燃えやすいという性質もあるそうです。内臓脂肪を燃やすポイントとしては、まず、全身運動で心拍数を100拍程度に上げることで、直接脂肪を燃やすことができるとのこと。




いくつかのwebサイトでも心拍数が100程度で十分脂肪が燃焼されるとこが書かれてました。
とりあえず、今心拍数を測りましたが、90ありました。 ということは、軽い運動で100は超えると思います。
しかし、本当に知りたいのは「何をして」心拍数を上げて、「どのくらいの時間」行うかということですね。

調べましたが、詳しい資料がweb上にありませんでした。 しかし、ウォーキングだと20分以上したほうが良いと書かれてました。 やはり、無理のない運動を毎日することなのでしょうね。

今日の朝も非常に寒かったですね。とりあえずジョギングはしてますが、くじけそうです。 もっと簡単に屋内で心拍数を100ぐらいで何か運動はできないでしょうか。 人体実験で調べてみます。(^^;)?

※本当に寒くなってきました。 運動も大事ですが、身体も大事です。 昼の暖かい時間に運動を行うとか、暖かい部屋でラジオ体操するとか、無理しないようにしてください。 とくに・・・高血圧の方注意が必要ですよ。

?

タイトル : [コラム]日常生活で内臓脂肪を燃やすコツ

ニュース元 :マイライフ手帳@ニュース
http://www.mylifenote.net/007/cl_70.html

About markn

Check Also

今日は簡単!! 腹筋にチャレンジです。 ヘルシアコーヒー2本目

昨日、ヘルシアコーヒーを飲んだ ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です